「百姓が発信する自主上映会」

盛岡まで車をはしらせた。映画『モンサントの不自然な食べもの』を観るためだ。この作品の
上映会は仙台でも二日間にわたって上映されることになっていた。いちはやく観たいから、と
いうよりも、そこで観ることがこの映画を正しく観賞するやり方のような気がして、わたしは紫
波町のオガールプラザまで足をのばしたのだった。上映会を催した「Cosmic Seed」代表の
田村和大氏は、自然農に取り組みながら「固定種の自家採取」普及にも尽力されている熱血
漢だ。(もしかしたら氏の人柄に魅せられて盛岡に出かけていったのかも知れぬ。)

自然や人間に悪影響をもたらすことが懸念されながら、ひたすら利益を追い求め、遺伝子組
み換え作物を市場に送りつづけるモンサント社は、目先の便利さと儲けに目がくらんでそこか
ら抜け出せずにいる東京電力とおなじ仕組みで、今もしたたかにのさばりつづける多国籍企業
だ。彼らにしてみれば「シフトチェンジしたければどうぞご勝手に」といった体で、あらゆる非難
をかるく受け流し素知らぬ顔をしている。良心の呵責というものがないからなお根が深いのだ。

わたしはモンサントという会社のことはそれまで何も知らなかった。だが映画を観てすべてが
理解できた。ごく一部のクズ野郎どもが世界を動かし、ズル賢い手口を駆使して、汚れた銭を
しこたま稼ぎだしている。それに手を貸しているのはしかし、わたしたち自身なのだが。「百姓
が発信する自主上映会」と銘打たれた会場では、田村氏が育てた野菜をつかった二種類の
サンドウィッチが売られていた。マクロビだから肉は使われていない。メインの具材はカボチャ
と燻した豆腐だった。齧りついた。どちらもうまい。すると、映画を観ているあいだじゅうずっと
心にあったわだかまりもすっと胃のなかに消えていくのであった。

それは「いったいなにを食べたらいいのか?」という素朴な疑問だった。(つまり、『モンサントの
不自然な食べもの』=遺伝子組み換え作物は、同社が一世紀にわたって販売してきた枯葉剤、
農薬、PCB、牛成長ホルモンなどと併せて世界中に蔓延しているということだ。まるで疫病の
如く。)もはや目を覚ますのではない。気づいていることに目を背けず、それは違うということだ。
わたしはこの日、自分の感覚がまんざらでもないことに安堵した。なによりも、ひとりの百姓が、
巨大企業の屋台骨を揺るがしかねない力を秘めていることが愉快でたまらなかったのである。

[PR]
by smart_line | 2012-09-03 23:57


線と行 スマートライン


by smart_line

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

「百姓が発信する自主上映会」
at 2012-09-03 23:57
序文としての引用
at 2012-08-13 23:11

以前の記事

2012年 09月
2012年 08月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧